340 Report Viewer Ver.1.02 OPERATION
Neu-Greif [PANZER-MODE] Back Built 02H14-0120

しまった、やり残しがこんなに・・・(大汗)
16
苦手のメカ部分。スカルピーのひな型からプラ板切り出しでなんとか形に。3連休から1週間使ってしまいました。
しかもまだメカ部は半分というアリサマ・・・。

もともとプラ板細工が苦手、というかプラ板の切り出しが、なによりもの苦痛で、「計算して長さとか角度出すくらいなら、ポリパテのカタマリから平面に削るよ!」というモデラーにあるまじき性分なんで、こんな状態になっとります。
(↑で、平面にならない&左右で角度が合わないとかで、延々と削ってる本末転倒者(笑))

後ろのセンサー部分は適当なジャンクを加工して詰め合わせ。
もこもこになってるアルテコは、平面のエッジ保護&欠けてる部分のエッジ出し用。

17

後ろと背中の懸架部の図。

今回のメカ部でキモチイイ所にしたいのがココ。
バイクのサスリンクまんまですが、リンクアームの長さ延長してみたりと、小賢しいことを・・・。
あ、ココは可動しませんので(笑)

エッジ出しですが、MS少女の文法では「着てる女の子が痛くなるようなのはダメ」なんですが、モチーフのドイツ戦車でそれだとあんまりなので、エッジ出しちゃいます。
以上、言い訳(笑)。

あー、まだキャタピラとアンテナが残ってる・・・・

うー、これ、いずれ複製するんだよなあ・・・(爆)

18
「このガレ2002の裏表紙にみらぱんが載るので何か写真を出すように」と言われて慌てて(笑)用意した写真。

上の状態ではアンマリなので、手と帽子をでっち上げてみました。
見ないで作った割には帽子はそこそこの雰囲気。でも髪は付けてあげたかったなあ(遠い目)。

※このガレ

もう名前を知らない人の方が少ないとは思いますが、
「このガレキがすごい!」は、ponyaさんの編集するネットモデラー達によるガレキの評価を集めた同人誌です。
既に5冊を発行し、そのどれもが非常に完成度の高い本になっています。

ponyaさんのサイトはこちら●煩悩立体系


notice ©五菱 清隆
不許無断複製・転載
© Itsubishi Kiyotaka
All rights reserved.
bar
このページに掲載されるデータの著作権は、特に記述のある物を除き、作者である五菱清隆が保有しています。
これらデータの転載・掲載及び営利的利用を著作権者に無断で行なう事を禁じます。
ただし、事前にメールで連絡を頂ければ好意の上で対応します。