. .
■本の“顔”「表紙」
表紙は本の中で一番目立つ部分ですので、まずはここをしっかり作れば大丈夫!
というわけで、表紙の作成について「ここだけはおさえておこう!」という部分を紹介します。

原稿のテンプレートは以下からダウンロードしてご利用ください。
※必ず、全ての説明を読んでからご利用ください。



それでは、まず各サイズを確認しておきましょう。※断ち切りについては「断ち切りって何?」をご覧ください。
  仕上がりサイズ 断ち有サイズ 350dpiのときのピクセル数 備考
B5 182×257 188×263 2591×3624 表紙・裏表紙単体の寸法です。
背表紙は本文用紙によって幅が変わります。
>>背表紙の幅 早見表
A5 148×210 154×216 2122×2976
A4 210×297 216×303 2976×4175
文庫(A6) 105×148 111×154 1530×2122
新書 107×175 113×181 1557×2494
B6 128×182 134×188 1846×2591


1:表紙の基本構造

表紙のパーツは オモテ表紙(表1) と 背表紙 と ウラ表紙(表4)で構成されています。
また、表1の裏側を表2、表4の裏側を表3といいます。
表2・3への印刷を注文しない場合は白のままなので、原稿は必要ありません。
また、表紙は表1・4別々のファイルでも構いませんが、急ぎのセットの場合は合体してご入稿ください。
※タイトルのないデザインの表紙、もしくは、あえて表4にタイトルを入れるデザインの場合は
 ご入稿時にご連絡ください。(間違いを防ぐため、どれが表1か教えてください)


右平表紙
上の図は、右とじで平とじ(無線とじ)のイメージです。
表1を見て右側がとじられているので「右とじ」です。
漫画や小説など、右から左へ読んでいくものはこのとじ方です。

逆に横書きの文字がメインの本は「左とじ」になります。
その場合は、表1と表4(表2・表3も)の位置が逆になります。

各とじかたは以下のようになります。

各とじかたの説明



2:背表紙の幅について

背表紙の幅は本のページ数、本文の用紙によって変わってきます。
逆にそれ以外のサイズはB5やA5など規格で決まっていますので、背幅が判れば後はラクです。

ポプルスでは以下の計算式になります。(単位はミリメートル)
※2020年7月17日にコート110Kの計算式が変わりました。
本文用紙 計算式
白上質90k
淡クリーム90k
本全体のページ数÷16.5
白上質70k
本全体のページ数÷21.5
コート110k
淡クリーム70k
本全体のページ数÷20.5
白上質110k
コミック紙
本全体のページ数÷13.5

本全体のページ数とは、表紙や口絵の分を含んだページ数となります。
表紙は表1・2・3・4で4ページ分と数えます。
口絵は、印刷が片面でも用紙1枚で2ページ分として数えます。
(料金表は表紙や口絵の分を含んだ全体のページ数で表記しています)


>>背表紙の幅 早見表(別ウインドウが開きます)
308ページまでの各背幅を網羅しています。それ以上のページ数は、計算式でお求めください。


3A:背表紙のある表紙を作ってみましょう

まずは背表紙が独立している表紙を図で説明します。
ここではB5サイズを例に挙げます。

右平表紙 背デザイン有

B5のサイズは182mm×257mmですから、断ち切りを含めると
幅が 3+182+182+3 = 370mm ←これに背表紙の幅を足す
高さが 3+257+3 = 263mm
になります。

左右・上下に3mmずつ足しているのは断ち切り分です。
断ち切りについては、「断ち切りって何?」のページをご覧ください。

このデザインの場合、背表紙の幅が実際より大きいと表1や表4に回り込んでしまいます。
幅が間違っていなければ、背表紙の文字は左右ギリギリまで入れてしまっても大丈夫です。


3B:全体が繋がっている表紙を作ってみましょう

今度は表1から表4までが一枚の絵で繋がっている表紙を説明します。
ここではA5サイズを例に挙げてみます。

右平表紙 繋がり絵

A5のサイズは148mm×210mmですから、断ち切りを含めると
幅が 3+148+148+3 = 302mm ←これに背表紙の幅を足す
高さが 3+210+3 = 216mm
になります。

このデザインの場合は幅を間違えてしまっても、拡大縮小で修正可能な場合があります。
ただし、幅を大きいほうに間違えてしまうとタイトルが切れてしまう可能性があります。

テンプレートの高さはサイズどおりですが、幅はページ数によって変える必要があるため
タイトルを端に寄せすぎると切れてしまう可能性があります。
テンプレートを使う際には先に背幅を計算し、全体幅を合わせてから利用しましょう。

繋がり絵の注意



4:表1または表4から背表紙を取る方法

独立した背表紙がない場合、または全体が繋がり絵でない場合、
表1と表4から半分ずつ取る方法と、表1から取る方法、表4から取る方法の3種類があります。
ポプルスでは特にご指定が無い場合、表1から取るのを基本としています(背幅が3mm以内の場合)。

表1から背を取る場合 一番オーソドックスな方法が、
表1から背表紙を取る方法です。
こうすると、本を表から見たときに
表4がハミ出して見える事が
ありません。

表1側を背表紙の分だけ大きく
作ります。
文字が背表紙に回り込まない
ように注意しましょう。
表1・表4から半分ずつ背を取る場合 中とじは例外なくこの方法に
なります。

平とじでは、背表紙の中心に
境目ができ個体差ができてしまう
ので、なるべく表1・4どちらかから
取る方法がオススメです。

リバーシブル本など、対のデザインの
場合は中心で取る方法もアリです。
表4から背を取る場合 表4がベタや模様などのシンプルな
デザインの場合、表4から背表紙を
取る方法もあります。

この方法の場合、ガイドなどで
表4から取っている事がわかるよう
にしてください。

どの方法もお好みで、
その本のデザインに合った
方法を選ぶと良いと思います。


5:RGBとCMYKって何?

イラストを描くソフトは色々ありますが、印刷所が推奨しているCMYK形式を
使用できるソフトは、そう多くありません。
ほとんどがRGB形式のみとなっているので、どうしたら良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。

ポプルスのフルカラーは最新のジェット印刷を使用し
RGBのデータも高彩度で印刷可能です!
元々RGBで作成された原稿は、是非RGBのままでご入稿ください!


RGB色再現


それでは、まず簡単にRGBモードとCMYKモードの違いについて知っておきましょう!
(RGBやCMYKそれぞれの中にも色々な種類があるのですが、ここでは省きます)

■画面で見せるのが得意なRGB
RGBモードは、WEBで公開する時など画面で表示させるときに綺麗に見える形式です。
なぜ画面で綺麗に見えるかというと、モニターと同じように
R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)という光の三原色で構成しているからです。

RGBの説明

画面上では蛍光色に見えますが、当然ながら印刷物は蛍光色のインクなどを使用しない限り
蛍光色にはならないので、画面で見たものとイメージが変わってしまう場合があります。


イメージが変わりやすい色
※大体のイメージです。最新の印刷機により、表現できる中でできる限り鮮やかな色に印刷いたします。
  色の再現を事前にご確認されたいお客様には「サンプル確認サービス」をオススメします。

カラーの警告をチェック
Photoshopでは、印刷時に色が変わりやすい色に関して警告が出ます。
印刷時に変わってしまう可能性がある色ということで参考にしましょう。

※完全に余談ですが、Photoshopを使用している方で、RGBにしているのに
WEB用にJPG画像を書き出したら暗くなってしまった…という経験はありませんか?
その場合には「編集」→「カラー設定」のRGBの欄が「sRGB〜」になっている事を確認しましょう。
それ以外のRGBは画面で表示させる以外の目的を備えている場合があるので綺麗に表示されません。
また変換で暗くなってしまう場合、一度「Labカラー」モードを挟んでみるのがオススメです。



■印刷するのが得意なCMYK
CMYKモードはC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)の色の三原色と
K(ブラック)の4色を組み合わせて表現する形式です。
CMYKの説明

この形式は、画面上で見ているだけでは少し濁ったように見えてしまうかもしれません。
直感的には作業しにくいのですが、慣れると色を自分の思い通りに扱えるので便利です。
基本的には、色は混ぜれば混ぜるほど濁るということを頭に入れておけば問題ないと思います。

色を混ぜていくと?

CMYそれぞれの単色が一番あざやかで、2色だけ混ぜたものがその次、3色混ぜたものは彩度が低く、
黒を混ぜていくと更に暗くなっていくというようになっています。
その仕組みを分かっていると、数値を見ただけで大体どんな色になるか分かるようになり
明るい色も暗い色も思いのままに扱えるようになります!


7:解像度って何?

カラーのイラストは、よく解像度350dpiで入稿するように促されます。
では、350dpi以外だったら印刷できないのでしょうか?
結論から言うとそんなことは全然ありません。オススメの解像度が350dpiというだけです。
それでは、なぜ350dpiをオススメするのか簡単に解説していきましょう。


■解像度の単位
この解像度という言葉は使う場面によって意味も変わってくるのですが、
画像データにおいては、その画像がどれだけ細かく表現されているかということです。

単位は「dpi」で表されます(ソフト上の表記では「ppi」)。

「dpi」は、ドット「dot」 ・ パー「per」 ・ インチ「inch」のことです。
インチは長さの単位で、1インチは2.54cmになります。
要するに2.54cmの中にどれだけ並べられるかというドットの大きさを表しています。
(「ppi」は「pixel/inch」のことで、ドットをピクセルで言っているだけなので概ね同じ意味です)

解像度の説明

解像度が高いという事は、同じものを表現するにもドットが細かく多いという事になります。
解像度の説明

ということは、350dpiよりももっと高解像度の画像であれば、更に細かく再現できる…?
答えは一応YESなのですが、そうなると今度は印刷方式や機械の性能にも関わってきます。
また人間の目には判別できないほど細かくなってもあまり意味が無いというのもありますし、
加えてカラーのデータなので、データのサイズも非常に大きくなってしまいます。
ですので、ちょうど良いところとして350dpiをオススメしています。
★最新機種のジェット印刷では、細かい文字や線がある場合600dpiもオススメです!

解像度の説明

多少ぼやけたようになってしまいますが、200dpiや300dpiでも印刷はできますのでご安心ください。
(書き出しミスも考えられますので、あまりにも粗い場合には一応事前に確認させていただきます)


なお解像度は「非可逆」なもので、一度下げて保存してしまうと
あとで戻そうと思っていても元に戻りません。
最近は高精細化するアプリなどもありますが、あくまでも疑似的なものとなります。

解像度の説明