. .
■メニュー
・受付可能なメディア
・受付可能な原稿の種類/データ
・受付可能な原稿の種類/紙原稿
・本のとじ方、とじ方向
・ページの数え方
・奥付について
・ファイル名の付け方


■受付可能な原稿の種類
ポプルスでは、以下の原稿形態でお受けできます!
以下のリストに無いものについては、ご相談ください。

※入稿の際には、印刷に直接関係の無いデータはフォルダを分けて入れておいてください。
  (フォントファイル、見本のJPG、指示書など)
  また、途中経過のファイルは間違いの元となりますので、入稿されないようお願いいたします。


受付可能なメディア(媒体)

メディア(媒体)の種類 説明
マイページ(WEB) ZIP、LZH形式などで圧縮してまとめてください。
CD-R、DVD-R パケットライトでデータを書き込んだものはご遠慮ください。
盤面にはお名前、タイトルを書き入れてください。
USBメモリ 原稿以外のデータを入れないようご注意ください。
ロック機能が付いているものがオススメ。
モノクロ紙原稿 B4サイズまででしたら料金がかかりません。
断ち切り・トンボがしっかりと分かるようになっていれば
市販の原稿用紙でなくても大丈夫です。
普通のコピー用紙や、プリントアウトしたものを使用する場合は、
仕上がりがどこで、断ち切り分がどこまでか明確に分かるようにしてください。
たくさんの方が参加される本の場合、できる限り原稿のサイズを
合わせていただけますと幸いです。
サイズは原寸でなくても大丈夫ですが、縦横の比率は合わせてください。
カラー紙原稿 B4サイズまででしたら1枚につき2,000円のスキャニング料金です。
市販の原稿用紙を使用する場合は、必ず裏面を使用してください。
※カラー原稿のスキャンでは青い線が出てしまいますので、
 表面は絶対に使用しないようにご注意ください


ページごとに原稿形態が違っても大丈夫です(データと紙原稿の混在もOK)。
ページ順が分かるように、紙原稿の場合は裏面か断ち切りの外に、
データ原稿の場合はファイル名の先頭に通し番号を付けてください
ファイル名の付け方はこのページの下をご覧ください。



受付可能な原稿の種類

Windows/Mac共通
種類 原稿作成ソフト 諸注意
[.psd] Photoshop、SAI
ComicStudio等
レイヤーは統合し、チャンネルも破棄してください。
カラーモードはソフトによりますが、CMYK、RGB、グレースケール、
モノクロ2階調が使用できます。
フルカラー原稿は、sRGBでのご入稿がオススメ!
[.eps] Illustrator フォントは全てアウトライン化してください。
配置したリンク画像は、埋め込んでいただいた場合でも必ず一緒にご入稿ください。
印刷範囲が把握しにくい為、トンボ(トリムマーク)を付けてください。

特色は4色に置き換わります。
グレー色はCMYの3色を混ぜずにKで濃度を変えてください。

漫画原稿(スクリーントーン等を使ったもの)をイラストレーターに埋め込んだ際に、まれにトーン崩れが起こる現象が報告されています。
漫画原稿に文字を入れるには画像ソフトがオススメです。

IllustratorEPSデータで40ページを超えるものは、納期のご相談をさせていただく場合がございます。
できる限りPDF形式に書き出していただき、連結してからご入稿ください。
PDFに書き出していただく設定は、下記のPDFの欄をご覧ください。

グレーの原稿を作成される場合は、必ずK(黒)のみで作成し、他の色(CMY)を使用しないようにしてください。
CMYのみを混ぜて作成されたグレーは、モノクロ出力時には白(印刷されない状態)になってしまいます。

Illustratorデータで「半透明オブジェクト」や「アピアランス」を使用されている場合は予めお知らせいただけますと安心です。
JPGデータなどの見本をお付けいただければ、お客様の意図しない体裁崩れも
発見できる場合があります。
[.pdf] InDesign、PageMaker
QuarkXPress
Word、一太郎
Acrobat4.0(PDF1.3)形式以降が受け付け可能です。
フォントは埋め込んでいただき、画像の圧縮は全て「オフ」にしてください。
解像度はカラーの場合350dpi、モノクロの場合600dpiもしくは1200dpi。
AcrobatDistillerおよびAdobeのソフト以外で作成されたPDFファイルや、
PDF/X-1aに準拠していないファイルは、お客様の意図しない状態で出力される場合があります。

InDesignなどのソフト上で配置した漫画原稿(トーンを使用しているもの)
を書き出すと、まれにトーン崩れが起こる現象が報告されています。
トーンを使用した原稿は、Photoshopなどで別編集していただけますと安心です。

フォントは全て埋め込んでください。
埋め込み不可能なフォントがあった場合には、フォントファイルを一緒に
ご入稿いただき、フォントが使用されている場所をご連絡ください。
[.png] その他画像系ソフト
PSD形式で書き出せないソフトの場合はPNG形式でご入稿ください。
圧縮の設定がある場合は、全て「オフ」にしてください。

Windowsのみ
種類 原稿作成ソフト 諸注意
[.doc]
[.docx]
Microsoft Word
2003、2007、2010

上記以外のソフトで作成された場合、PDF化してからご入稿ください。
受け付け可能なバージョンは2003、2007、2010のみです。
※ご入稿時にWordのバージョンを教えてください。
対応外のバージョンや他ソフトのdocファイルはPDFに書き出してください。(フォントの埋め込みを忘れないようご注意ください)


docファイル及びdocxファイルが多数分割されている状態での
ご入稿は、通常より納期をいただく場合があります。
短納期でのご注文の場合、追加料金が発生する可能性がありますので
1ファイルにまとめるかPDFに書き出してからのご入稿がオススメです。


フォントは、弊社対応フォント以外を使用する場合は別途フォントファイルをご入稿いただければ使用することが可能です。
(フォントによっては印刷に適さない場合があります)
→弊社対応フォントはコチラ(別ウインドウが開きます)

小説の本に挿絵が入る場合など、Wordファイルと画像ファイルを混合される場合は挿絵が入る部分を白紙として空け(ページ番号は入っていてもOKです)、そこに挿入する旨をご注文時、または別途指示書で必ずご連絡ください。

ポプルスではWindows7および10の環境にてチェックしております。
それ以外のOSで作成されたWordデータをご入稿の際には、万が一の文字抜けや行ズレを回避する為、サンプル確認をご利用いただくかPDFでの入稿が安心です。
確認いただけなかった場合の体裁崩れに関しましては、責任を負いかねますのでご了承ください。

データ原稿以外
種類 原稿作成ソフト 諸注意
紙原稿 ----------------
データ原稿よりも納期がかかります。
お早めにご入稿ください(詳しくは納期のページをご覧ください)

紙原稿をお送りいただく際は、水に濡れないように、また曲がらないようにしっかりと保護してお送りください。
届いた時点で原稿が破損していた場合、速やかにお客様にご相談させていただきます。


フルカラー原稿やB4を超える用紙(B5表紙用など)の場合、
別途料金が発生します。
→詳しくは本のオプションページをご覧ください(別ウインドウが開きます)

同じ本の中では、原稿の形態をできる限り統一していただけた方が
クオリティに統一感が出るのでオススメです。

原稿用紙の使い方ついて
原稿用紙のガイド線通りに描かれていない原稿の印刷サイズ等は基本的に
弊社にお任せとなります。ご指定がある場合はご入稿時にお申し付けください。
(ご希望の処理によっては追加料金が発生する場合があります)

原稿用紙に沿って描かれていない場合、仕上がりを判断できない場合があります。原稿を描き始める前に今一度説明書をよくお読みください。
仕上がりが分かるようにしていただければ、市販の原稿用紙でなくても大丈夫です。
大きな原稿用紙に描いたものを小さい本にすると潰れる場合があります。
原稿のサイズは原寸でなくても大丈夫ですが、比率は合わせてください。

下書き線について
下書きの線が残っていると薄く出てしまいます。
(赤や青の色鉛筆を使用していても、濃いと印刷で出てしまいます)
特にトーンの下に下書きが残っている場合、非常に目立ちます。
スクリーントーンを貼る前に、消してあるかよくご確認ください。

うす墨、ベタムラについて
しっかりとした黒で塗られていない部分、特にコピックのグレーや
インクジェットプリンターで出力したものはカスれた状態で印刷されます。
追加料金が発生しますが、アミ点化することで綺麗に印刷でる場合がありますので、 ご希望の場合には入稿時にお申し付けください。

スクリーントーンについて
入稿前に剥がれている部分が無いかよくご確認ください。
あまり細かいトーンは潰れたり飛んだりする可能性がございますのでご注意ください。
修正液で修正した上や下書きが残っている状態の上からトーンを貼りますと、
その部分が黒く出てしまうことがあります。
また黒ベタの上から貼る際、少し浮いた状態のままですと
うっすらと白くなってしまいますので、よく定着させてください。

フキダシについて
セリフを貼り付ける場合は、剥がれないようにしっかりと糊付けしてください。
あまり厚い紙を貼りますと紙の影が黒線として出てしまうことがあります。
セリフ抜けにご注意ください。

フルカラー原稿について
表紙の場合は、どちらがオモテ表紙・ウラ表紙か分かるように記入してください。
フルカラー原稿の場合は、モノクロ原稿より下書きやゴミが再現されやすいです。
反射する素材(ラメ・アルミホイルなど)は正しくスキャンできない場合があります。
また、蛍光素材は極端に色が変わる場合があります。
(薄い色は飛んで見えなくなることもあります)

受付可能メディアの説明でも書いていますが、フルカラー原稿は原稿用紙の
表側に描かないようご注意ください。青い線がそのまま出てしまいます。



■本のとじ方、とじ方向
ポプルスでは、基本的に2種類のとじ方から選んでいただきます。
それぞれのとじ方の特徴を知っておくと、原稿作成に役立ちます。
とじ方を選んだら、とじ方向も合わせて選びましょう。

平とじ 平とじ(無線とじ)は、“のり”を使って製本する方式です。
ノド側(本の内側)が“のり”でくっついている為、完全には開きません。
(無理に開こうとすると、のりがはがれてしまいます)

中とじと違い、多いページ数にも対応できます。

ノド側が少し隠れる為、文字がギリギリにあると切れてしまう場合があります。文字等は3mm以上離してください。
また、左右で繋がっている絵の場合、あえて中心を空けてあげると
詰まって見えなくてちょうど良くなります。
→本文(画像):見開きの画像をちょうど良く繋げるコツ(平とじの場合)

表紙には背表紙が必要です。
中とじ 中とじ(針金とじ)は紙を真ん中で折り、針金で留める方式です。
平とじと違ってノド側(本の内側)が全て見える状態になります。
40ページを超える場合には原稿作成に工夫が必要です。

左右のページで絵が繋がっている場合には繋げた状態で入稿してもOKですが、多数ある場合は分割に手数料がかかりますのでご注意ください

平とじとは逆にノド側の文字が切れたり等は心配しなくても大丈夫ですが、
切れると思って入れた「隠しノンブル」は出てしまうので、ご注意ください。

背表紙は必要ありませんが、ページ数が多い場合は表紙裏表紙の幅を
少し大きめに作る必要があります。

右とじ 右とじ…文字が縦書きの漫画、文章ものなど

オモテ表紙に向かって右側がとじられている本の状態です。
繋がった状態で表紙を作る場合は、左側にオモテ表紙がきます。

日本の漫画は通常右とじが多いです。
小説なども縦書きなので、国語の教科書等も右とじです。

奇数ページの右側、偶数ページの左側がとじられます。
左とじ 左とじ…文字が横書きの漫画、文章ものなど

オモテ表紙に向かって左側がとじられている本の状態です。
繋がった状態で表紙を作る場合は、右側にオモテ表紙がきます。

セリフが横書きのアメコミ形式の漫画や、理系・外国語のテキストなどは、この形式です。

奇数ページの左側、偶数ページの右側がとじられます。



■ページの数え方
ノンブル(ページ番号)をふる時に、どういう風にページを数えたら良いかを紹介します。

ページ番号はオモテ表紙を1ページ目として数えます。
オモテ表紙の裏が2ページ目、本文は3ページ目からとなります。
また、遊び紙など印刷されてない紙を間に挟む場合、それはページ数には数えません。
図にすると以下のようになります。

飾り紙あり、遊び紙(前後)あり、口絵8ページ分ありの40ページの本の場合
ページの数え方
もし遊び紙に印刷がしてあれば、それは本文扱いとなりページ数に数えます。

ページ番号の振り方は絶対こうでなければいけない、というものではありませんが
ページが飛んでしまったりする事がないようご注意ください。



■奥付について
奥付には、その本の発行者や発行者の連絡先、発行年月日、印刷所名などを記載します。
最低限載せておいた方が良い内容や、間違いの多い点などをご紹介します。


■発行日:20○○年○○月○○日
発行日はその本を公開する日を記載します。
即売会で初めて売る本でしたらイベントの日にちを記入すればOKです。
「発効日」の字は原則間違いですが、お客様の表現を優先してそのまま進行します。

■発行(発行者):ポプルス太郎
本を誰が発行したか示す必要があります。
名前だけでなく、その前に発行または発行者と付けましょう。

■連絡先:×××@×××.ne.jp
連絡先は非常に重要で、その本が世に発表されたものであるならば
その責任は誰が持っているのかをハッキリさせることが必要になります。
ポプルスでは年齢制限がある本の場合、連絡先を入れていただけるようお願いしております。
※成人向けの場合、pixiv、TwitterなどのSNSのIDは連絡先と見なしておりません。
 メールアドレスを入れていただきますようお願い申し上げます。


■印刷所:株式会社ポプルス
名前を入れていただく場合には必ず「印刷」もしくは「印刷所」と付けてください。
「発行:ポプルス」のように書いてある場合は修正をお願いしています。
頒布する場所によっては必須の場合もありますので
原稿を作成する前にチェックされる事をオススメいたします。

本の内容によりますが、年齢制限が設けてある本の場合には
印刷所名を必ず入れてください。

OKな例
株式会社ポプルス / 株式会社POPLS / (株)ポプルス / (株)POPLS / ポプルス / POPLS / 印刷会社ポプルス

NGな例
ポプルス株式会社 / POPLS株式会社 / ポプルス(株) / POPLS(株) / ポルプス、プホルスなどの間違い
POPLUSなどのつづり間違い / 他社の名前が書いてある場合(カバーなどパーツ印刷だけの場合を除く)
スペシャルサンクス:ポプルスなど、印刷として関わったか曖昧なもの


記載例
発行日:2019年11月8日
発行:ポプルス太郎 / サークルポプルス堂
連絡先:メール ×××@×××.ne.jp
    ホームページ http://www.××××.jp/
印刷所:株式会社ポプルス




■ファイル名の付け方
データ原稿はファイルの並べ替えなどで順番どおり並んでいないと乱丁の原因となります。
乱丁・落丁のリスクを減らすため、以下のような点にご注意ください。

通し番号はファイル名の先頭につける
ファイルの末尾に番号を振っていただいていてもソートができません。

○…001.psd、002.psd、003.psd・・・
×…tobira01.psd、mokuji02.psd、maegaki03.psd・・・
半角英数以外を使用すると文字化けのリスクがありますので、基本的に
本文はシンプルに数字だけのファイル名が一番安全です。


本の総ページ数によって桁を合わせてください
98ページまでの本は01・02・03という風に2桁でつけても大丈夫ですが、
総ページ数が100ページを超える場合、001、002、003、という風に
3桁で数字を振っていただけますようお願いいたします。


できる限り半角英数字で名前をつける
上にも書きましたが、漢字やカタカナでファイル名をつけてしまうと
環境によって文字化けが発生し、最悪ファイルが開けない状態になってしまいます。
ファイル名はできる限り半角英数字でつけていただければと思います。

例:× 表紙.psd → 〇 hyoushi.psd