■CDマスターデータや印刷物原稿の作り方
●CDマスターデータ
■プレスマスターは同じものを2枚入稿してください(1枚は予備)
■CDマスター持ち込みは、CD-Rにてお願いいたします。
マスターCD-Rの記録方式はディスクアットワンス(以下DAO)方式にて。 DAO記録が出来ないCD-Rドライブや書き込みソフトもありますので注意してください。また、トラックアトワンス(TAO)での記録は基本的に不可。 (TAOのものをマスターに使用したい場合は別途料金がかかる場合があります。)
■マスター入稿時にメディアスペックシートにて数項目をチェックしてマスターと一緒に添付していただきます。
なお、マスタリング時に照合確認した後、間違えがなければマスタリング作業に入ります。 特に、論理フォーマット(ISO-9660、アップルHFSなど)の規格に厳密合致させる必要がある場合は注意してください。 (その場合、ファイルネームの使用文字や文字数、ディレクトリの階層などには注意が必要です。通常のCDは、特に問題はありません。)

■オーディオトラックなどに付加する著作権などの兼ね合いから、JASRAC(日本音楽著作権協会)の 申請が必要な場合はお客様の方で申請し、許諾証とCDマスターを一緒に入稿いただくことになります。

※依頼主と著作権者が異なる場合は、「著作権証明書」が必要です。その際はお知らせください。

■マスターの焼き方はこちらをご覧ください。(別ウインドウが開きます)

●CD盤面のシルク印刷
  内径23mmφより外側、外径116mmφより内側
  内径46mmφより外側、外径116mmφより内側のどちらかを選択
[データ推奨解像度は、400dpi程度。細かい文字などがある時は600dpi程度をお薦めいたします。]
2色刷りの場合、インクの種類はこちらよりご選択ください。
[ 盤面の色見本 ]

※盤面には規格上、できるだけCD種別のマーク
  (コンパクトディスクであるという表示)を入れてください。

※CDマークには「Digital AUDIO」を併記しているものがあります。
  CDプレイヤーなどで再生できないCDをプレスする場合には
  「Digital AUDIO」の表示は消去してください。
※盤面データ作成方法についてはこちら (別ウインドウが開きます)
盤面データ作成前に必ずお読みください。分版作業不能データの場合、データ再入稿のため納期延長等もありますので熟読してください。

 
●Pケース/インレイ(ケースのCDがセットされてる方に入れるシート)
・データ推奨最低解像度:300dpi
・高さ123.5mm×
幅156mm(上下左右3mm裁ち切り含む)
  仕上がりサイズは117.5mm×150mm のうち6mmずつ背表紙

・イラストは123.5×156mmいっぱいまで描いてください。
・緑色の部分が折り返しの背になります。
  ここをはみ出ると切られてしまいますので注意してください。
・イラストがのる場合、赤い部分のようにいっぱいいっぱいまで描いてください。
 黄色の部分のように裁ち切り3ミリ分を塗らないのは断裁すると白い所が出る場合があります。
・「A」の文字のように裁ち切りからはみだして文字をのせると切れてしまいます。
 「B」の文字のように
117.5×150のさらに内側2ミリに配置すると文字は切れません。


※インレイ・ジャケット・帯にはできるだけ品番を入れてください。
品番はお客様ご指定のものを入れることが可能ですが、ハイフン(−)を挟んで
前半最大4文字、後半最大5文字とし全て 英大文字としてください。
例:PPLS-00001 , POP-XX01 など
●Pケース/ジャケット(ケースのCDをセットしないフタ部分に入れるシート)
・データ推奨最低解像度:300dpi
・高さ125.5mm×幅127mm
(上下左右3mm裁ち切り含む)
  仕上がりサイズは119.5mm×121mm

・イラストは125.5×127mmいっぱいまで描いてください。
・イラストがのる場合、赤い部分のようにいっぱいいっぱいまで描いてください。
 黄色の部分のように裁ち切り3ミリ分を塗らないのは断裁すると白い所が出る場合があります。
・「A」の文字のように裁ち切りからはみだして文字をのせると切れてしまいます。
 「B」の文字のように121×119.5のさらに内側2ミリに配置すると文字は切れません。


※インレイ・ジャケット・帯にはできるだけ品番を入れてください。
品番はお客様ご指定のものを入れることが可能ですが、ハイフン(−)を挟んで
前半最大4文字、後半最大5文字とし全て 英大文字としてください。
例:PPLS-00001 , POP-XX01 など
●Pケース/帯(ケースの外側に回り込ませるシート)
・データ推奨最低解像度:300dpi
・高さ126mm×幅76.5mm(上下左右3mm裁ち切り含む)
  仕上がりサイズは120mm×70.5mm
  幅の内訳は30mm+10.5mm(背)+30mm に左右3mmづつ足したサイズです

・イラストは126×76.5mmいっぱいまで描いてください。
・イラストがのる場合、赤い部分のようにいっぱいいっぱいまで描いてください。
 黄色の部分のように裁ち切り3ミリ分を塗らないのは断裁すると白い所が出る場合があります。
・「A」の文字のように裁ち切りからはみだして文字をのせると切れてしまいます。
 「B」の文字のように120×70.5のさらに内側2ミリに配置すると文字は切れません。
・帯にジャケットからの続き絵にする場合CDケースの背を考慮して作ってください
 帯の背から約14〜15mmからジャケットの端とつながります。(ジャケットが1mm範囲で動くため)
 高さもケースのフタの厚さがあるためジャケットの高さから逆算してください。






※インレイ・ジャケット・帯にはできるだけ品番を入れてください。
品番はお客様ご指定のものを入れることが可能ですが、ハイフン(−)を挟んで
前半最大4文字、後半最大5文字とし全て 英大文字としてください。
例:PPLS-00001 , POP-XX01 など


Illustrator印刷物テンプレートデータ Photoshop印刷物テンプレートデータ

Download [1,183,763バイト 約1,10MB]

Download [11,254,447バイト 約10,7MB]




>>戻る